風俗は外見で判断せず中身で勝負!

風俗嬢に初めてフェラチオで抜かれた話

フェラチオが得意という風俗嬢は、プロフィールなどを見ていると結構多いものですよね。でも実際に風俗に行って、フェラのみで発射まで導かれたことはこれまでありませんでした。でも、今回は完全に嬢のフェラテクの前に完封されてしまったという話です。そもそもが責め好きだというお姉さん系の嬢でした。年齢は27歳で若い子が中心のデリヘルの中では、古株に当たるポジションといえるでしょうか。お決まり文句の得意技=フェラチオにハイハイといった感じの余裕の僕。最初のフェラチオはノーハンドでパックリ。顔の角度を変えて舌が当たる面積を調整して、少しずつムスコ全体を舐めまわす感じでした。この時点でちょっとヤバいと思ったんですが、その次に来たのが手コキとのコンビネーション。ジュバジュバと音を立てて空気の振動を亀頭に与えてきます。更に横にして刺激してくれたり、舌を亀頭の先から裏筋を通過し、玉でしばらく刺激、蟻の戸渡りを刺激され、アナルにいって戻ってくるというもの。やばかったです。

キャバクラじゃなく風俗に行けば良かったんだ

リーズナブルな風俗店で遊んできました。飲み会の帰りには、キャバクラに誘われ、女の子とイチャイチャとは出来るものの、逆にムラムラがたまる一方で、同じような料金なら、スッキリしてもらえる方がいいだろうと気づいた僕が向かったのはピンサロです。通常はハンドサービスとフェラチオでの抜きというサービスだと思うんですが、このピンサロは風俗嬢に頼んで了承してもらえると素股なども出来ますし、全裸状態でシックスナインなんてヘルスサービス顔負けのプレイをすることが出来るということを聞いていたので、行って来ました。登場した嬢は、いつも行きつけで相手をしてくれているキャバクラ嬢よりも可愛いです。上品さというか清楚感があって、しかも可愛い。やっぱりこれまでただただムラムラがたまるだけの飲み代の浪費は、無駄金だったと思いました。普通に会話も上手だし、その上でエッチなサービスまでしてくれてすっきり出来ちゃうんだから。なんでこんなことに気が付かなかったんだろうと後悔しました。